交通事故で保険会社の説明や示談に不満がある大阪・関西の方のための弁護士相談

交通事故問題

交通事故後のお悩み

 交通事故の被害にあわれた後、賠償問題をめぐる加害者や保険会社の対応でさらに悩まされていませんか。交通事故問題で弁護士に相談される方は、

 

交通事故

  • 保険会社から提示された示談内容、慰謝料に不満がある
  • まだ治療中なのに治療費の支払いを打ち切ると言われた
  • 保険会社の説明が正しいかわからず、不安
  • 相手が無保険・ひき逃げのため、賠償が受けられない

 

など、様々な疑問・悩みを抱えてご相談に来られます。

 交通事故の賠償をめぐるお悩みについては、以下でご説明するように、弁護士へのご相談、ご依頼によって状況がよくなるケースが多くみられます

 こういったお悩みをお持ちの方は、早めに弁護士にご相談されることで、疑問や不安の解消につながるかもしれません。

交通事故問題を「早めに」 「弁護士に」相談すべき理由

被害者に有利な賠償基準に精通

 保険会社は、示談を提案する際、「任意基準」という保険会社が独自に定めた基準で計算した金額を提示します。しかし、保険会社が提案する金額は、裁判をおこした場合に裁判所が認める金額(裁判基準)よりも低額であるケースが非常に多いです。また、後遺症が残りそうな方や治療が継続している方に対して、早い時期に示談が提案されるケースもあります。

 

大阪 弁護士 交通事故 示談 保険

 そのため、当事務所にご相談に来られる方の資料をみると、そのまま示談をしていれば、適切な賠償が受けられなかっただろうと感じることがしばしばあります。弁護士が依頼を受けた場合、裁判所が認定すると考えられる金額をふまえて交渉するため、裁判までおこなわなくても交渉によって賠償額が大きく増額できるケースもあります
 示談をしてしまうと、その後金額を争うことができなくなるので、保険会社から示談を勧められた場合、署名する前に内容が妥当であるかを一度専門家に相談することは、適切な賠償を受けるためにとても重要です。

 

より充実した対策が可能

大阪 弁護士 交通事故 示談 後遺症

  示談する直前でも、弁護士が相談・依頼を受けて交渉することは大きなメリットがあります。しかし、事故後の治療や後遺症、賠償について不安に感じた場合、早めにご相談いただくことで、医師に伝えるべきこと、残すべき資料など、事故直後から示談までの期間のアドバイスも可能です。

 適切な賠償を受け、安心して治療に専念するため、事故からさほど期間が経過していなくても賠償問題で不安を感じた場合、一度ご相談されるとよいでしょう。

 

弁護士費用が無料になる場合も

保険

 交通事故でお悩みの方には、弁護士費用が気になって相談しづらい、被害額が小さい事故(軽微な怪我、物損事故)だから、不満はあるが弁護士に依頼しても仕方ない、と考える方もいるでしょう。しかし、交通事故被害のご相談・ご依頼では、あなた自身やご家族の自動車保険から、弁護士費用が全てまかなえる場合があります(弁護士費用特約)。

 

 保険によって弁護士費用がまかなえる場合、ご相談やご依頼に一切費用がかからないので、被害額が少額でも、賠償についてお悩みがあれば迷わず弁護士にご相談すべきです。 
*ご自身やご家族の保険から弁護士費用が支払われるかどうかわからない方も、一度ご相談ください。

当事務所の法律相談の特長

当事務所では、ご相談をお聞きする際、

大阪 弁護士 法律相談 不安 希望

  • ご相談者のお話を丁寧に聞いて、不安や悩みをくみ取る
  • ご相談者の不安解消のため、最善の解決策を提案する
  • ご相談後に生じる疑問や不安にも対応する

ことを特に意識して、法律相談・事件処理に対応しています。

 

     「当事務所の法律相談の特長」について

弁護士費用について

弁護士費用

 

   相談費用 5000円/30分(税別)   

   着手金  経済的利益の5%    

   報酬金  経済的利益の10%    

 

*交通事故のご依頼では、着手金の分割、後払いが可能なケースもあります。費用に不安がある方はご相談ください。

*弁護士費用を保険によってまかなう場合、弁護士保険の保険金支払基準(LAC基準)によることを原則とし、基本的に相談者に費用を負担していただくことはありません。

*着手金の最低額は20万円です。

*示談交渉が成立せずに裁判となった場合、成功報酬を増額する場合があります(相談時にご説明します)。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 初めての方へ よくあるご質問 費用 アクセス・お問い合わせ